【python】pyautoguiとは? pyautoguiの使い方(サンプルコード付き)と関数一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pyautoguiとは

pyautoguiとは、pythonのライブラリの一つで、主にブラウザや、パソコンの自動化するために使いますが、それだけでなく、これを使うことで、キーボード操作や、画面キャプチャなど、様々なことをすることができます。

Pythonを使えば、ほかにもいろいろできるので、興味がある方はぜひこの記事の最後の方の「Pythonはコードが書けると、超絶便利‼」のところをご覧ください‼‼

というわけで、今から先ほど説明したようなことができるpyautoguiの持ってる関数一覧を見ていきたいと思います!!

pyautoguiを使った超面白いプログラム‼‼

注意

この記事はpythonに関する記事なので、pythonのインストールは必須です。

まだPythonをインストールしていない方は、まず下の記事を読んで、pythonをインストールしてください。

初めに:

pyautoguiをインストールしていない方や、これを応用させたプログラムを見てみたいは下の記事を読んでください。(インストール方法も下のリンクに載っています。)

pythonでタイピング1位を取る

今回の記事では、そんなpyautoguiの関数と、その機能について解説していきたいと思います。

応用すれば、ブラウザの自動操作や、ブルートフォース攻撃などにも生かすことができるので、ぜひ、いろんな関数を使ってみてください。

python自動化を語るうえで絶対に必要な1冊だと思いますので、ぜひ、自動化を学んでみたいという方は、上のリンクをクリック‼‼

私のブログよりも、もっと面白いプログラムや、実用的なプログラムが載っていますので、ぜひどうぞ‼‼(上のリンク)

予め言っておきますが、プログラムを書くときは、必ず「import pyautogui」と書いてからにしてください。

例えば、下のような感じ。

import pyautogui
for i in range(100):
    pyautogui.click(logScreenshot=True)

キーボードを操作できる関数

関数および、操作や、簡単な実装は下の表を見てください。

関数操作簡単な書き方
pyautogui.press()キーボードの()を押すpyautogui.press(‘a’)
pyautogui.typewrite()キーボードの()を順番にタイピングpyautogui.typewrite(‘abc’)
pyautogui.hotkey()キーボードの()を同時押しするpyautogui.hotkey(‘a’,’b’,’c’)
pyautogui.keyDown()キーボードの()を押したままにするpyautogui.keyDown(‘a’)
pyautogui.keyUp()キーボードの()を離すpyautogui.keyUP(‘a’)

アルファベットや、数字では表せないキー

Enterキー‘enter’,’retuen’,’\n’
Escキー‘esc’
Shiftキー‘shiftleft’,’shiftright’
Altキー‘altleft’,’altright’
Ctrlキー‘ctrlleft’,’ctrlright’
Tabキー‘tab’,’\t’
Backspaceキー・Deleteキー‘backspace’,’delete’
PageUpキー・PageDownキー‘pageup’,’pagedown’
Homeキー・Endキー‘Home’,’end’
矢印キー(↑↓←→)‘up’,’down’,’left’,’right’
ファンクションキー‘f1′,’f2’,’f3’など
音量コントロールキー‘volumeup’,’volumedown’,’volumemute’
Pauseキー‘pause’
CapsLockキー‘capslock’
NumLockキー‘numlock’
ScrollLockキー‘scrolllock’
Insキー‘insert’
PrintScreenキー‘printscreen’
Winキー(Windowsのみ)‘winleft’,’winright’
Commandキー(Macのみ)‘command’
Optionキー(Macのみ)‘option’

このライブラリの弱点は「日本語入力することができない」というところにあります。なので、日本語で「か」と打ちたい場合は、日本語入力の状態で、「pyautogui.typewrite(‘ka’)」と書いて、実行するようにしましょう。

マウスを操作できる関数

関数および、操作や、簡単な実装は下の表を見てください。

関数操作簡単な書き方
pyautogui.click()マウスを左クリックpyautogui.click(x=200, y=400, clicks=2, interval=3, button=’right’, duration=2, logScreenshot=False, _pause=3)
pyautogui.rightClick()マウスを右クリック上と同様
pyautogui.middleClick()マウス中央ボタンをクリックそのまま
pyautogui.doubleClick()マウスをダブルクリックそのまま
pyautogui.tripleClick()マウスをトリプルクリックそのまま
pyautogui.mouseDown()マウスボタンを押したままにするそのまま
pyautogui.mouseUp()
マウスボタンを離すそのまま
pyautogui.moveRel()マウス座標を(x,y)だけ移動するpyautogui.moveRel(200,400)
pyautogui.position()マウスの現在位置(x,y)を取得そのまま
  • x=クリックしたい位置のx座標
  • y=クリックしたい位置のy座標
  • button=クリックしたいボタン(left/right/middle)
  • clicks=クリックする回数
  • interval=クリックする間隔の秒数
  • pause=クリック後に一時停止する秒数
  • duration=何秒かけてその地点に移動するか
  • logScreenshot=処理が終わった後に、スクリーンショットを取るかどうか(Trueにすることで、)スクリーンショットを取ることができます。)

これらは、click()関数のみ使うことができます。

ちなみに、この関数はマウスがなくても使うことができます。

画面を操作する関数

関数操作簡単な書き方
pyautogui.scroll()画面をスクロールそのまま
pyautogui.size()画面のサイズを取得そのまま
pyautogui.screenshot()画面のスクリーンショットを取得そのまま(さっきのlogScreenshotでもできます)
pyautogui.locateCenterOnScreen()画像とマッチする座標を画面上から取得pyautogui.locateCenterOnScreen(‘a.png’)
pyautogui.pause()PyAutoGUIの処理を一時停止するそのまま(さっきの_pauseでもできます。)

pyautogui.locateCenterOnScreen()の関数ときに使う写真は、実行するpythonのファイルと同じディレクトリに入れておきましょう。

Pythonはコードが書けるようになると超絶便利!

最後にちょっとだけPythonのすばらしさを語らせてください。(スクロールして読み飛ばしても、私が泣くだけなので全く問題ないです。)

Pythonをある程度使えるようになれば、この記事で紹介した暇人(私)が作るようなプログラム以外にも実はなんでも作ることができます‼

例えば、有料の動画編集ソフトを使わないとできないような編集とか、違法ダウンロードとか、googleアカウント無限作成とか、Twitter無限フォローとか、AIを作るとか、本当に何でもできます‼(作ってほしいプログラムがあったらコメント欄で、コメントしてください‼)

「Pythonがすごいのは分かったけど、Pythonをある程度使えるようになるには結構大変じゃないの?」と思うかもしれません。確かに、私のように独学でやると、かなりの時間がかかってしまいます。

でも、プログラミングのスクールに行けば、1週間ぐらいで、私が学ぶのに2ヶ月かかったぐらいのPythonの基礎を学べるので(うらやましい~ 勉強した時間を返してほしい~)、ぜひ受けてみてください‼

興味がある方は下のリンクから‼‼

騙されたと思って‼ まずは無料のオンライン説明会から!

安さ満足度ともに業界No.1の、おすすめのPython向けプログラミングスクールはこちらから‼

終わりに

これらの関数を使えば、最初に言ったとおり、いろんなことを自動で行うことができます。ぜひ、使ってみてください。

タイピングに応用させるとこうなる↓

python自動化を語るうえで絶対に必要な1冊だと思いますので、ぜひ、自動化を学んでみたいという方は、上のリンクをクリック‼‼

私のブログよりも、もっと面白いプログラムや、実用的なプログラムが載っていますので、ぜひどうぞ‼‼(上のリンク)

ほかにも面白い記事がたくさんありますので、そちらのほうも見ていただければ、光栄です。

それでは、次の記事で!

今回参考にさせていただいたページ:Pythonでマウスやキーボードを操作できるPyAutoGUIによる自動操作マニュアル

↑よりかは、この記事のほうが内容も詳しいし、わかりやすいと思います。

プロフィール

この記事を書いた人
tisikinohako

13歳から為替をはじめ、最近はAIを使って自動化するために、pythonを勉強中。

為替は、参考書やバイブルなどは一切読まず、基本エクセル分析だけで勝ってきました。

数学はフーリエ変換や、ベクトル解析など解析学を勉強中。

TwitterやYoutubeではめちゃくちゃすべったので、ブログで挽回しようと始めた結果、なんかうまくいったっぽいので続けてます。

このブログを応援していただければ光栄です。