【python】pyinstallerとは?pythonで実行ファイルの作成方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めに:

pythonで作ったファイルを実行ファイルに変換したいと思う方のために書きました。

pythonで実行ファイルの作成方法について詳しく書いたつもりなので、エラーなくできると思います。

pyinstallerとは

pyinstallerとは、pythonのライブラリの1つで、pythonのファイル(.py)を、実行ファイル(.exe)に変換することが可能です。また、これで作った実行ファイルは、pythonをインストールしていなくても実行することができます。

これを応用すれば、アプリ開発など、様々なことに使うことができると思います。

インストール方法については、pyinstallerのインストール方法についての投稿もありますのでそちらをご覧ください。

↑サンプルプログラムもついています‼‼

pyinstallerでpythonを実行ファイルに変換する方法

まず、test.pyというファイルを作って下のようにコードを打ってください。

import time
time.sleep(5)
print("Hello World")

そしてこのファイルをローカルディスクに保存してください。

次に、コマンドプロンプトを管理者として実行してください。


そして下の図のように、「cd C:\」と入力した後、「pyinstaller -F -w test.py」と入力して、enterを押してください。


すると、ローカルディスクの中に「_pycache_」「build」「dist」というフォルダーができると思います。(ちなみに、-Fと書いているのは、ファイル単体を作らせるためです。)

そして「dist」のフォルダーの中に「test.exe」とという名前の実行ファイルが出来上がっていると思うので、それをダブルクリックしてみてください。

すると、実行した5秒後に下の図のような画面が表示されると思います。


これで完成です。

これを使うことで、わざわざC言語なんて習得しなくても、pythonで簡易なwindowsアプリも制作することができます‼‼

終わりに

今回は実行ファイルの作り方について解説しました。

なんとpythonは実行ファイルまで作れちゃうんですね。

ほかにも面白い記事をたくさんありますのでそれらの記事もお読みいただければ光栄です。

それでは次の記事で‼‼

プロフィール

この記事を書いた人
tisikinohako

13歳から為替をはじめ、最近はAIを使って自動化するために、pythonを勉強中。

為替は、参考書やバイブルなどは一切読まず、基本エクセル分析だけで勝ってきました。

数学はフーリエ変換や、ベクトル解析など解析学を勉強中。

TwitterやYoutubeではめちゃくちゃすべったので、ブログで挽回しようと始めた結果、なんかうまくいったっぽいので続けてます。

このブログを応援していただければ光栄です。