【誰でも10分でマネできる‼】寿司打やマイタイピングで1位を取る方法を徹底解説‼‼←プログラミング(python,pyautogui)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通にタイピングで1位を取るのは不可能(99.99…%)

皆さんは、タイピング練習サイトでタイピングしたことはありますか。

やってもらえればわかりますが、なかなか高いスコアをたたき出すことは難しいです。

私も結構「寿司打」とか、「歌詞タイピング」とかにはまったことがあるのですが、打鍵6.0/秒とかでも全然トップ10どころか100にすら入れません。

しかし、プログラミングを使うことでごく簡単に、タイピングで1位を取ることができます‼

というわけで、今回は、歌詞タイピング(今回では夜に駆けるを採用しました。)と、寿司打で、1位を取ってみたいと思います‼

(寿司打のチートが気になる方は、この記事の結構下の方にあるので、最初の所はスクロールして飛ばしてください。)

その前に、私が何の条件も付けずに普通にやってみた結果(自慢)も是非ご覧ください。

※興味ない方は流してくれて大丈夫です。

プログラミングを使えば、こんな意味のないプログラムだけでなく、本当になんでも作れるので、興味がある方は、本文最後のの、「Pythonはコードが書けるようになると超絶便利!」のところを見れくれたら嬉しいです。

何も条件つけずに普通にやってみた

ここは読まなくて大丈夫です…

歌詞タイピングver

まず、夜に駆ける | タイピング練習の「マイタイピング」を、何もずるいことはせずに、やってみました。

寿司打ver

寿司打も同様にやってみた結果です。

ランキングや速度としてはまあまあいいほうですが、正打率がちょっと…これは明らかに低すぎます。

というわけで、負けず嫌いであり、完璧主義である私は何としても、正打率100%で、スコア1位を取りたいと思い、プログラミングを使うことにしました。

それでは、前置きが長くなりましたが、今から、プログラミングでタイピングで1位を取る方法について解説していきます‼‼

Step1: pyautoguiをインストールする

最初にいっておきますが、前提条件として、pythonのインストールが絶対に必要です。

まだPythonをインストールしていない方は、まず下の記事を読んで、pythonをインストールしてください。

ちなみに、「pyautogui」というのはpythonのライブラリの一つで、おもに、キーボードの操作をするためのライブラリです。これを使ってキーボード操作をすることで、タイピングで1位を取ろうと思います。

まず、コマンドプロンプトを管理者として開き、(左下のボックスで、「コマンドプロンプト」と調べていただければ、出てくると思うので、それを右クリックして「管理者として実行」と書いてあるところをクリックすれば出てくると思います。)

つぎに、出てきた画面に「py -m pip install pyautogui」と入力して、「enter」を押していただければ、インストールできたと思います。

もし、インストール時にエラーが出てきた場合は、下の記事を読んでみてください。

pythonでライブラリのインストール時にエラーが出てくるときの対処法

確認として、先ほどの画面で、「python」と入力して、「enter」を押した後に、「import pyautogui」と入力して「enter」を押してエラーが出てこなかったら、成功です。

↓成功例

pyautoguiについてもっと知りたい方は、下の記事を読んでください。

もし、pythonを始めてみたい方は、ぜひ下の本を読んでみてください!!

pythonを使っている人は誰もが読んだ大人気の本!!

↑内容も、まったく知らない方でもゼロから理解できるようになっていますので、ぜひ、まったく知識がない方でもどうぞ‼‼

Step2: コードを書いて実践‼‼

次に、pythonのファイルを用意して、下のようなコードを記述し、実行してください。

import pyautogui
pyautogui.sleep(10)
pyautogui.hotkey(' ','s','i','z','u','m','u','y','o','u','n','i','t','o','k','e','t','e','y','u','k','u','y','o','u','n','i','h','u','t','a','r','i','d','a','k','e','n','o','s','o','r','a','g','a','h','i','r','o','g','a','r','u','y','o','r','u','n','i','s','a','y','o','n','a','r','a','d','a','k','e','d','a','t')
pyautogui.hotkey('t','a','s','o','n','o','h','i','t','o','k','o','t','o','d','e','s','u','b','e','t','e','g','a','w','a','k','a','t')
pyautogui.hotkey('t','a','h','i','g','a','s','i','z','u','m','i','d','a','s','h','i','t','a','s','o','r','a','t','o','k','i','m','i','n','o','s','u','g','a','t','a','f','e','n','s','u','g','o','s','i','n','i','k','a','s','a','n','a','t')
pyautogui.hotkey('t','e','t','a','h','a','j','i','m','e','t','e','a','t')
pyautogui.hotkey('t','a','h','i','k','a','r','a','b','o','k','u','n','o','k','o','k','o','r','o','n','o','s','u','b','e','t','e','w','o','u','b','a','t')
pyautogui.hotkey('t','a','d','o','k','o','k','a','h','a','k','a','n','a','i','k','u')
pyautogui.hotkey('u','k','i','w','o','m','a','t','o','u','k','i','m','i','h','a','s','a','m','i','s','i')
pyautogui.hotkey('i','m','e','w','o','s','i','t','e','t','a','n','n','d','a','i','t','u','d','a','t')
pyautogui.hotkey('t','e','t','i','k')
pyautogui.hotkey('k','u','t','a','k')
pyautogui.hotkey('k','u','t','o','n','a','r','u','s','e','k','a','i','d','e','n','a','n','d','o','d','a','t')
pyautogui.hotkey('t','e','s','a','h','u','r','e','r','u','k','o','k','o','r','o','n','a','i','k','o','t','o','b','a','u','r','u','s','a','i','k','o','e','n','i','n','a','m','i','d','a','g','a','k','o','b','o','r','e','s','o','u','d','e','m','o','a','r','i','k','i','t','a','r','i','n','a','y','o','r','o','k','o','b','i','k','i','t')
pyautogui.hotkey('t','o','h','u','t','a','r','i','n','a','r','a','m','i','t','u','k','e','r','a','r','e','r','u','s','a','w','a','g','a','s','i')
pyautogui.hotkey('i','h','i','b','i','n','i','w','a','r','a','e','n','a','i','k','i','m','i','n','i','o','m','o','i','t','u','k','u','k','a','g','i','r','i','m','a','b','u','s','i')
pyautogui.hotkey('i','a','s','u','w','o','a','k','e','n','a','i','y','o','r','u','n','i','o','t','i','t','e','y','u','k','u','m','a','e','n','i','b','o','k','u','n','o','t','e','w','o','t','u','k','a','n','n','d','e','h','o','r','a','w','a','s','u','r','e','t','e','s','h','i','m','a','i','t','a','k','u','t','e','t','o','j','i','k','o','m','e','t','a','h','i','b','i','m','o','d','a','k','i','s','i','m','e','t','a','n','u','k','u','m','o','r','i','d','e','t','o','k','a','s','u','k','a','r','a','k','o','w','a','k','u','n','a','i','y','o','i','t','u','k','a','h','i','g','a','n','o','b','o','r','u','m','a','d','e','h','u','t','a','r','i','d','e','i','y','o','u')
pyautogui.sleep(1)

なぜ、コードを変なところで行を分けているのかというと、同じキーを二回打った時に、早すぎて、web側が対応できないからです。

どうやって文字列を一文字ずつに分割(‘sizumuyouni…’を、’s’,’i’,’z’,’u’,’m’,’u’,’y’,’o’,’u’,’n’,’i’といった感じ。)しているのかについて気になる方は、下のリンクを読んでみてください。
文字列を一文字ずつに分割する方法(JavaScript)

そして、pythonのファイルを、実行して、必ず10秒以内に、下の画面まで行ってスタンバイしください。

実行方法はいくつかありますが、先ほどの画面の下に貼り付けていただければ、実行できます。

↓貼り付けた直後の画像

注)貼り付けて10秒以内に絶対下の画面にまで行ってください。

まず、夜に駆ける | タイピング練習の「マイタイピング」のリンクに行って、スタートボタンを押していただければ、上の画面に行けると思います。

後は待つだけです。一瞬で終わります。ちなみに私がやってみた結果がこちら。

何と2.1秒‼‼なんと、これをランキング登録しようとすれば、

というメッセージが出てくるぐらいです。結果はもちろんダントツの1位。

これで目標は達成されました!!

自分のyoutubeチャンネルにあげてみた

私のyoutubeチャンネルにあげておきましたので、ぜひどうぞ‼‼

チャンネル登録も忘れずに‼‼

ほかのタイピングでもやってみた

ほかのタイピングでもやってみました。コードをぜひ見てください。

あいうえおタイピングパージョン

下のリンクをクリックして、ぜひやってみてください。先ほどと同様にすれば、簡単にできます。

あいうえお早打ち | タイピング練習の「マイタイピング」

ちなみに、コードは下のようになります。

import pyautogui
pyautogui.sleep(10)
pyautogui.hotkey(" ","a", "i", "u", "e", "o", "k", "a", "k", "i", "k", "u", "k", "e", "k", "o", "s", "a", "s", "i", "s", "u", "s", "e", "s", "o", "t", "a", "t", "i", "t", "u", "t", "e", "t", "o", "n", "a", "n", "i", "n", "u", "n", "e", "n", "o", "h", "a", "h", "i", "h", "u", "h", "e", "h", "o", "m", "a", "m", "i", "m", "u", "m", "e", "m", "o", "y", "a", "y", "u", "y", "o", "r", "a", "r", "i", "r", "u", "r", "e", "r", "o", "w", "a", "w", "o", "n")
pyautogui.press("n")
pyautogui.sleep(1)

ちなみにやってみた結果がこちら↓

結果は言うまでもなくダントツの1位。

あいうえおタイピングバージョン2

下のリンクをクリックして是非やってみてください。

五十音タイピング | タイピング練習の「マイタイピング」

ちなみにコードはこちら↓

import pyautogui
pyautogui.sleep(10)
pyautogui.hotkey(" ","a", "i", "u", "e", "o", "k", "a", "k", "i", "k", "u", "k", "e", "k", "o", "s", "a", "s", "i", "s", "u", "s", "e", "s", "o", "t", "a", "t", "i", "t", "u", "t", "e", "t", "o", "n", "a", "n", "i", "n", "u", "n", "e", "n", "o", "h", "a", "h", "i", "h", "u", "h", "e", "h", "o", "m", "a", "m", "i", "m", "u", "m", "e", "m", "o", "y", "a", "y", "u", "y", "o", "r", "a", "r", "i", "r", "u", "r", "e", "r", "o", "w", "a", "w", "o", "n")
pyautogui.hotkey("n","g", "a", "g", "i", "g", "u", "g", "e", "g", "o", "z", "a", "z", "i", "z", "u", "z", "e", "z", "o", "d", "a", "d", "i", "d", "u", "d", "e", "d", "o", "b", "a", "b", "i", "b", "u", "b", "e", "b", "o", "p", "a", "p", "i", "p", "u", "p", "e", "p", "o")
pyautogui.sleep(1)

やってみた結果がこちら↓

結果は先ほどと同様。

バナナタイピング

下のリンクをクリックして、ぜひやってみてください。

バナナ | タイピング練習の「マイタイピング」

コードはこちら↓

import pyautogui
pyautogui.sleep(10)
pyautogui.hotkey(" ","b","a","n","a","n","a","b","a","n","a","n","a","b","a","n","a","n","a")
pyautogui.sleep(1)

やってみた結果はこちら↓

結果は言うまでもなくダントツの1位。

処理が遅いと感じたら?

また、これは基本2~3秒で終わるはずです。

しかし、もっと時間がかかってしまうという方はいらっしゃるのではないのでしょうか。

これは、普通に「処理情報が多いから。」という理由もありますが、もしかしたら、CPUの性能がうまく機能していないかもしれません。

もし、「CPUをアップグレードさせたい。」

「CPUの性能を安定化させたい。」

などと思った方は、Open CLというものがあるので、そちらをぜひ見て帰ってください。

上のアプリをインストールするだけで、安定したCPUを使うことができます‼‼

次は、皆さんお待ちかね(?)の寿司打で1位を取る方法について解説していきたいと思います。

寿司打でタイピング1位を取る方法

寿司打でもできるのかと思う方もいらっしゃるとは思いますが、残念ながら、この方法ではできません。

なぜなら、寿司打では、打つ単語が、ランダムで、登場するため、あらかじめセットすることができないからです。

引用元:今までの私

しかし、最近pythonを勉強していると、なんと、

寿司打でも1位(カンスト)を取ることができることが分かりました‼‼

寿司打でカンストさせたプログラム

↓寿司打でカンストさせたプログラムを使った動画です‼‼(調べてもなかったので自作しました。)

↑のプログラムのコードが気になる方はこちら‼‼

Pythonはコードが書けるようになると超絶便利!

最後にちょっとだけPythonのすばらしさを語らせてください。

Pythonをある程度使えるようになれば、この記事で紹介した暇人(私)が作るようなプログラム以外にも実はなんでも作ることができます‼

例えば、有料の動画編集ソフトを使わないとできないような編集とか、違法ダウンロードとか、googleアカウント無限作成とか、Twitter無限フォローとか、AIを作るとか、本当に何でもできます‼(作ってほしいプログラムがあったらコメント欄で、コメントしてください‼)

「Pythonがすごいのは分かったけど、Pythonをある程度使えるようになるには結構大変じゃないの?」と思うかもしれません。

確かに、私のように独学でやると、かなりの時間がかかってしまいます。

でも、プログラミングのスクールに行けば、1週間ぐらいで、私が学ぶのに2ヶ月かかったぐらいのPythonの基礎を学べるので(うらやましい~ 勉強した時間を返してほしい~)、ぜひ受けてみてください‼

興味がある方は下のリンクから‼‼

騙されたと思って‼

安さ満足度ともに業界No.1の、おすすめのPython向けプログラミングスクールはこちらから‼

終わりに

こんな感じでプログラミングを使えば、簡単にタイピングで1位を取ることができます。

pyautoguiはこんなくだらないことではなく、もっといろいろ応用できる(webブラウザの自動化など)ので、ぜひやってみてください。

もし、pythonを始めてみたい方は、ぜひ下の本を読んでみてください!!

pythonを使っている人は誰もが読んだ大人気の本!!

↑内容も、まったく知らない方でもゼロから理解できるようになっていますので、ぜひ、まったく知識がない方でもどうぞ‼‼

ほかにも面白い記事がたくさんありますので、そちらのほうも観ていただければ光栄です。

では次の記事で‼‼

プロフィール

この記事を書いた人
tisikinohako

13歳から為替をはじめ、最近はAIを使って自動化するために、pythonを勉強中。

為替は、参考書やバイブルなどは一切読まず、基本エクセル分析だけで勝ってきました。

数学はフーリエ変換や、ベクトル解析など解析学を勉強中。

TwitterやYoutubeではめちゃくちゃすべったので、ブログで挽回しようと始めた結果、なんかうまくいったっぽいので続けてます。

このブログを応援していただければ光栄です。