【意外と知らない⁉】pythonをインストールする方法を二つ紹介‼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前書き:pythonとは何か

pythonのインストール方法について解説する前に、「pythonとは何か」ということについて解説していきたいと思います。

多数あるプログラミング言語のうちの一つがpython

2020年版・プログラミング言語の世界人気ランキングTOP10!オススメのコンピューター言語を探そう|ferret

皆さんわかっているとは思いますが、単にプログラミングといっても、プログラミングには、多数の言語が存在しています。

例えば、デスクトップアプリを作りたい場合は、C言語や、その系統の、C++などがおすすめですし、ウェブページを作りたい場合は、HTMLや、JavaScriptや、CSSなどが主流で、AI開発などは、RubyPythonなどが主流になっています。

こんな風に、同じプログラミングでも、言語によって適している分野が全然違います。

このプログラミング言語の一つがpythonです。pythonを使えば何ができるのでしょうか。

pythonでできること

初心者向け】Pythonでできることとは何か?事例を用いて解説 | 侍エンジニアブログ

先ほど「pythonは、AI開発に適している」と書きましたが、実は、pythonを使えば、たいていのことができます。

なぜなら、pythonには、ライブラリというものが充実しているからです。

ライブラリが何かわからない方はブラウザでいう拡張機能みたいなものだと思ってください。

ライブラリには、ゲーム開発や、アプリ開発、ウェブページ制作用のライブラリなど、さまざまな種類のライブラリがあり、それらを使いこなすことで、大体何でもできます‼‼

例えば、下の動画のプログラムで使われている言語もpythonです。

ちなみに、上の動画では、pythonを使って画像認識をし、それを入力しています。

pythonは人気ランキング3位‼‼

下のは、2021年版のプログラミング言語の人気ランキングです。

この画像の引用元は、「TIOBE Index for April 2021」です。

上の図にもあるように、pythonは人気ランキング3位にランクインしています。

つまり、pythonは人気で、よく使われていることが分かります。

pythonはコードが短い!!

先ほど述べたとおり、人気ランキング3位にランクインしているpythonですが、実は、その人気の理由の一つとして、「コードが短い」というものがあるます。

口で説明するより、実際に見てもらったほうが分かりやすいと思うので、ぜひ見てください。

(下のプログラムは、すべて「Helloworld」と出力させるプログラムです。)

↓python

print('Hello world')

↓java用

public class Sample {
    public static void main(String[] args){
        System.out.println("Hello world");
    }
}

↓C言語用

#include <stdio.h>
 
int main(void) {
    printf("Hello world\n");
    return 0;
}

↓Go用

package main
 
import "fmt"
 
func main() {
    fmt.Println("Hello world")
}

↓HTML用

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
      <meta charset="UTF-8">
      <title>タイトル</title>
    </head>
    <body>
        Hello world
    </body>
</html>

↓JavaScript用

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
      <meta charset="UTF-8">
      <title>タイトル</title>
    </head>
    <body>
        <script>
            alert('Hello world');
        </script>
    </body>
</html>

↓PHP用

<?php
    echo "Hello world\n";
?>

↓もう一度pythonのコードをどうぞ

print('Hello world')

ダントツでコードが短いですね。

ほかの言語は大体2行から10行ぐらい書かなきゃいけないのに、pythonだけなんと1行です。

次は、プログラマーを目指している方には必須となる、収入の話をしていきたいと思います。

pythonは需要が高く、収入が高い‼‼

下の表を見てください。(下の表は、求人件数と、プログラミング言語の関係です。)

順位プログラム言語求人件数(レバテックキャリア)
1位Java2,989
2位PHP2,280
3位JavaScript2,172
4位Python1,449
5位Ruby1,372
6位HTML、CSS1,242
7位C#1,153
8位C、C++744
9位Swift658
10位Objective-C588
11位HTML5465
12位Kotlin418
13位VBA、VB-NET359
14位Perl351
15位Scala343
16位R言語141
17位COBOL123

表を見てわかるように、pythonはプログラミングの言語の中ではかなり需要が高い言語であるということが言えます。

次に、プログラミング言語と収入の関係を見ていきましょう‼‼

下の画像を見てもらえれば一目瞭然です。

これは、株式会社paizaの調査の結果です。

上の二つのことを踏まえると、pythonは比較的需要が高く、年収も結構高いということが言えます。

さて、前書きがかなり長くなってしまいましたが、pythonのインストール方法を解説していきたいと思います。

初めに:

pythonを勉強したい。あるいはpythonで仕事を自動化をしたり、AI開発をしたいなどと思っている方はいらっしゃるのではないのでしょうか。

そんな方々のために、今からPythonのインストール方法について解説します。

pythonで自動化することに興味がある方はこちら!!

pythonを使えば、下のようなプログラムを作ることができます。

めちゃくちゃ面白そうじゃないですか。

もし、興味がある方は、ぜひ上のリンクをクリックしてください。

それでは、pythonのインストール方法を2つ紹介していきます。

絶対に方法①のほうがおすすめです!!

pythonのインストール方法①(Microsoft Storeからのインストール)

pythonのインストール方法のひとつ目として、「Microsoft Storeで、インストールする」という方法があります。

この方法を使うメリットとデメリット

個人事業のメリット・デメリット | 起業マニュアル | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

この方法と、もう一つの方法を比べて、この方法を使うことによるメリットデメリットを紹介したいと思います。

この方法を使うメリット

がん検診の目的とその利益(メリット)・不利益(デメリット)|とうきょう健康ステーション

この方法を使うメリットとしては、

  • 簡単にインストールできる
  • いちいちファイルをダウンロードする必要がない

というものがあります。

この方法を使えば、だれでも簡単にインストールできるため、絶対にこっちの方法のほうがおすすめです。

この方法を使うデメリット

メリットとデメリットの天秤、手書きイラスト、ベクターイラストレーションのイラスト素材 [61930013] - PIXTA
  • windowsでしかできない

というデメリットもあります。

でも別に、これはそんなデメリットではありません。

なので、こっちの方法のほうがおすすめです。

それでは、Microsoft Storeからpythonをインストール方法を見ていきましょう。

大人気‼‼

Microsoft Storeからpythonのインストール方法:Step1

まず、下のように、パソコンの左下の検索ボックスから、Microsoft Storeと検索してください。

↓検索ボックスをクリック

↓Microsoft Storeと入力

そして、Microsoft Storeを開いてください。

↓こんな感じ

次に、下のように、Microsoft Storeから、「python」と検索してください。

こんな感じに出てくると思います。

そして、一番左の、「python 3.9」というところをクリックしてください。

こんな感じに表示されると思います。↓

そして、上の画面の、「入手」というところをクリックしてください。

すると、こんな感じに表示されると思います。

上の画面で「必要ありません」のところを押してください。

すると、インストールが開始されます。

数分待つと、インストールが完了します。

動作の確認

pythonがしっかりインストールできたか、チェックするために、コマンドプロンプトというものを開きます。

↓検索ボックスをクリック

↓コマンドプロンプトと入力します。

そして、コマンドプロンプトを起動してください。

こんな感じに表示されると思います。(名前は知識の箱とは限りません。)

そして、「python」と入力し、「enter」を押してください。

↑こんな感じに表示されれば成功です。

一応もう一つの方法も紹介しておきます。

ただ、こっちの方法のほうがおすすめです。

pythonのインストール方法②(公式サイトからダウンロード&インストール)

先ほどとは違い公式サイトから、ダウンロードしてインストールする方法を解説していきます。

公式サイトからpythonをインストールする方法:Step1 実行ファイルのダウンロード

こっちの方法のほうが断然めんどくさいので、先ほどの方法のほうがおすすめです。

まずはPython公式サイトを開き、ファイルをダウンロードします。

リンクのページに行くと、こんな感じ↓

そして、ダウンロードのところに、カーソルを合わせると、こんな感じに表示されると思います。

そして、「python 3.9.5」(新しいバージョンが出ている場合は、違うと思います。)をクリックしてください。

すると、ファイルがダウンロードが開始されます。

↓ダウンロードが完了しました。

そして、上の写真の、「ファイルを開く」となっているところをクリックしてください。

または、エクスプローラー(windowsキー+E)を開き、「ダウンロード」のところを開けば、ファイルがあると思うので、そこをダブルクリックしてください。

(ダブルクリックまたは、クリックした際に、変なメッセージ(pythonこのプログラムに変更を加えることを)が出てきても、「はい」で大丈夫です。)

そして、下のように表示されたら、次は、インストールを始めていきたいと思います。

公式サイトからpythonをインストールする方法:Step2 pythonのインストール

わざわざ見出しまで付けましたが、先ほどの画面まで行けたら後は簡単です。

まず、先ほどの画面で、下の写真のところ(Add Python 3.9 to PATHと書いてあるところ。)にチェックを入れてください。

もし、これを忘れたら、もう一度最初からする必要があります。

そして、下の図のように、「install now」と書いてあるところをクリックしてください。

インストール先を指定したい場合は、下のほう(「Customize installation」と書いてあるところ)をクリックしてください。

そして、少し待つと、Setupが始まると思います。

あとは、出てくるメッセージに、「next」や、「install」を押し続けたら、インストールされます。

最後に、下のような画面が出て終了です。

Pythonをインストールする(5)

そして、クローズ(closeと書いてあるところ)をクリックすると、インストールが完了されると思います。

先ほどと書くことは同じですが、一応最後に動作の確認をしておきましょう‼‼

動作の確認

pythonがしっかりインストールできたか、チェックするために、コマンドプロンプトというものを開きます。

↓検索ボックスをクリック

↓コマンドプロンプトと入力します。

そして、コマンドプロンプトを起動してください。

こんな感じに表示されると思います。(名前は知識の箱とは限りません。)

そして、「python」と入力し、「enter」を押してください。

↑こんな感じに表示されれば成功です。

お疲れさまでした。

やってみてわかったと思いますが、断然こっちの方法のほうがめんどくさいです。

なので、やはり私は最初のほうの方法をお勧めします。

実際にプログラムを作ってみよう‼‼

超初心者向けの簡単プログラムがあるので、ぜひ読んでみてください。

AI開発をしたい方は、こちらがお勧め‼‼

AI開発に興味がある方は、まず下の記事に書いてあるプログラムを実践してみてはいかがでしょうか。

↓機械学習というものを使って、データ分析するものです。

自動化してみたいという方はこちら!!

pythonを使って、ブラウザなどを自動化する方法について知りたい方は、下のリンクをクリック‼‼

もしライブラリのインストールで困ったら?

もし、pythonのライブラリのインストールに困ったら、下の記事を読むことをお勧めします‼‼

なので、この記事は、困ったときのために、「ピン止め(固定)」しておくことをお勧めします。

終わりに:

いかがでしたか。

エラーなくインストールをしっかりできていることをお祈りしています。

もし、インストール中にエラーが出てきた場合は、もう一度初めからインストールしなおすことをお勧めします。

これでpythonのインストールが終わりました。

pythonを使った、面白いプログラムがたくさんありますので、カテゴリーから、「プログラミング」と調べていただければ、見ていただけます。

  1. 名無し より:

    Microsoft storeからインストールした時って、環境変数のところにパスって通す必要ありますか?

    • tisikinohakotisikinohako より:

      コメントありがとうございます。
      ちなみに、Microsoft storeからインストールした時は、パスを通す必要はありません。
      今からインストールしようと考えているのなら、Microsoft storeからインストールする方が断然楽にできると思います。

プロフィール

この記事を書いた人
tisikinohako

13歳から為替をはじめ、最近はAIを使って自動化するために、pythonを勉強中。

為替は、参考書やバイブルなどは一切読まず、基本エクセル分析だけで勝ってきました。

数学はフーリエ変換や、ベクトル解析など解析学を勉強中。

TwitterやYoutubeではめちゃくちゃすべったので、ブログで挽回しようと始めた結果、なんかうまくいったっぽいので続けてます。

このブログを応援していただければ光栄です。