為替マネーバンクとは?旅行で損しないための超重要手段!!

スポンサーリンク

初めに

皆さんは、海外旅行などに行ったことはありますか。

いったことがある方ならわかるかもしれませんが、海外旅行に行くときには、絶対にしなければいけないことがあります。

それは、想像してもらえればすぐにわかりますが、通貨の交換です。

今回は通貨の交換で、損しないための方法を解説していきます。

どうしてマネーバンクが必要?

例えば、アメリカに旅行に行くとします。

すると、行くときには、必ず円をドルに替えますよね。そして、戻ってくるときには、余ったお金をドルから円に替えると思います。

実は、これだけのやり取りで、「利益」あるいは、「損失」というのが発生しているんです。

いわれてもまったく意味が分からない方もいらっしゃると思うので、説明しますが、先ほどの「通貨」というのは、時間によって価格が変動するんです。

皆さんは、テレビや新聞などで、「1ドル~円」などという言葉を目にしたり、聞いたりしたことがあると思います。この、価格が変動することで、「利益」や、「損失」というものが発生するんです。

説明だけされてもわかりにくかったと思うので、先ほどの例で説明していきます。

例えば、アメリカに行くときは、1ドルが110円だったとします。もし、100万円を、ドルに替えたとすると、大体9000ドルぐらいになります。

そして、それをアメリカで、3000ドル使ったとしましょう。

すると、帰るときには、6000ドル残っているはずです。しかし、その時には、1ドルが100円まで落ちていたら、6000ドルを円に替えても、60万円しか残りません。

わかっていただけたでしょうか。

実は、「3000ドルしか使っていないのに、40万円も減っている。」なんてことが起きてしまうんです。

これを応用させたものが、為替、fxと呼ばれるもので、通貨の変動を生かして利益を出そうとする取引のことです。

少しでも興味がある方は、下の記事を読んでみてください。

どうしてこんなことが起きるのかというと、「通貨の交換」するタイミングを失敗したからです。

しかし、空港で通貨を替えるとなると、自分が替えたいタイミングで替えるかどうかわかりません。

そんな時に必要となるのが、この記事のタイトルにもあるように、「為替マネーバンク」なんです。

為替マネーバンクって何?

為替マネーバンクというのは、スターキャピタル社というのが行っている、どこからでも通貨を替えることができるシステムのことです。

なので、自分が替えたいと思うタイミングで、通貨の交換をすることができるため、これを使えば、「海外旅行で損する」なんとことは絶対におきません。

さらに、この会社は、どの両替会社より、レートがいいことが売りで、なおさら損することなんて言うのは起きにくい仕組みになっています。

投資目的でも、両替目的でも、どちらの方にもおすすめのシステムです

もし、興味がある方は、下のリンクをクリックしてみてください。

送料がタダ?

また、さらに、このシステムのすごいところは、なんと「送料がタダになる。」というところです。

7万円以上替えた時だけですが、海外旅行に行くなら、もっと大金を交換すると思います。

また、この会社はなんと17種類のも通貨に対応しているので、「自分が替えたい通貨が見つからない」といった状況は相当のことがない限りおきません。

また、「こういうシステムってわざわざ家に発送されるのを待たなきゃいけないんでしょ。」なんて思っている方も安心してください。

このシステムは、なんと空港で受け取りすることもできるんです!

以上のことから、このシステムは、両替において、まったく非の打ち所のない完璧なシステムだと思います。

ぜひ、興味がある方は、下のリンクをクリック‼‼

結論

投資目的でも使えるし、両替目的にも使える、この「為替マネーバンク」というシステムは、どんな方にもおすすめです。

海外旅行で損しないためにも、1回使ってみてはいかがでしょうか。

少しでも興味がある方は、気軽にクリック↓

終わりに

いかがでしたか。このマネーバンクというのは、絶対に使ってみるべきだと思いますので、ぜひ有効活用してください。

ほかにも面白い記事がたくさんありますので、そちらのほうも見ていただければ光栄です。

それでは次の記事で‼‼

プロフィール

この記事を書いた人
tisikinohako

13歳から為替をはじめ、最近はAIを使って自動化するために、pythonを勉強中。

為替は、参考書やバイブルなどは一切読まず、基本エクセル分析だけで勝ってきました。

数学はフーリエ変換や、ベクトル解析など解析学を勉強中。

TwitterやYoutubeではめちゃくちゃすべったので、ブログで挽回しようと始めた結果、なんかうまくいったっぽいので続けてます。

このブログを応援していただければ光栄です。